iron_daysの最近のブログ記事

2011年9月18日

HAYAMANトライアスロン2011

-------------------------------------------------------------------

大会データ
HAYAMANトライアスロン2011

@神奈川県三浦郡葉山町一色海岸
Swim: 0.1km Paddle: 0.2km Run: 2km

-------------------------------------------------------------------

3月のHAYAMANトレイルに続く地元大会参戦第2弾。この大会の特色はやはり2種目目と3種目目。ビーチランはともかくとして2種目目のボードパドルはまったくの未知の世界。海で「泳ぐ」以外のスポーツをしたことがない僕にとってはイメージさえつかみにくい。とにかく推進力は腕っぷしだけがたよりなのは明らかなので、久しぶりにプールでプルブイを借りてストロークの練習を少し追加した程度の「付け焼き刃」で臨んでみることにした。残りは距離も短いし、なんとかなるだろうと結構楽観的に。


台風の動きが少し気になったが、当日は真夏の暑さがぶり返した好天。会場では富士山もくっきりみえ、気持ちがいいコンディションになった。

2011HAYAMAN_tra-1.JPG


ボードパドルで使用する「ニッパーボード」というのは、ライフセービングで使用するレスキューボードのジュニア版らしい。ボードの両サイド計4カ所に持ち手がついている。参加者向けに競技説明の中で扱い方についてレクチャーが行われた。予想はしていたが、僕のような「はじめて」の人はざっと見た感じでは少なそうだ。

2011HAYAMAN_tra-2.JPG


カテゴリーは小学1・2年の部からはじまり、一般の部U-40は20名ごと3ウエーブに分かれていた。スタート直前に時計の電池切れのために種目別の計測はあきらめ、時計を外して臨む。

スイムは最初のブイまで足のあたりに誰かの手がまとわりつきストレスを感じながら(ま、バトルなのでしょうがないのだけど)、それでも所詮100mなのでスプリントディスタンスと比較してもあっという間に終わる。3位か4位くらいで上陸することができたようだ。

さて、問題のボードパドル。もうほんとにスイムからあがって手に持ったのがニッパーボードというものへのファーストコンタクト(笑)、という状態であり、まずボードにまたがるところで少し手間どる。競技説明でのボードの扱い方を思いつつ、なんとかイメージだけはキープしたままストロークを進めるのだが、実際にはそんなに進まず、もう面白いように抜かれて行く(予想通り)。半ばあきらめつつもとりあえず200m終えない事には話にならないので、落車ならぬ落ボードにだけ気をつけつつ、ジタバタと手を動かす。10人以上は抜かれたであろう。ウエーブ全体の半分くらいの順位でビーチランに突入する。

2011HAYAMAN_tra-3.jpg 2011HAYAMAN_tra-4.jpg

ビーチランも、砂浜をきちんと走るという意味では初めてと言えば初めて。でも、水分を含んだ固めの砂浜部分を極力選びながら足を進めて行くと、意外に走れて先行していた選手を早い段階からとらえることができたので、ギアを入れて抜きにかかった。舗装のランとは負担がかかる部分も異なり、特にやわらかい砂浜ではアーチの部分に負荷がかかっているようだ。1年以上前にやらかした左足の内くるぶし付近の痛みが途中で再発しつつもペースを落とさなければならないほどではなく、先日の沼津トラに引き続き、いい感じで終えられた。


すべてのカテゴリー終了後、未就学児を対象にしたエキシビション「HAYACHAN」が開催された。同じゴールを目指す、42.195mのビーチランに二人の息子たちも出場し、初レースを無事完走することができた。

ゴール直前で自分がウエーブ中2位だということがわかり、ほんの少し期待していたら、カテゴリーでも3位入賞!表彰式で前に呼ばれて表彰状をもらうことに。小さな大会だけど、こうした大会で個人でもらうのは初めてのことでとてもうれしい。副賞でザバスのプロテインパウダー(久しぶりだ、いつ飲もうか...)と、HAYAMANトレイルのスタッフTシャツ(たぶん余りモノw)をいただきました。

それにしても、今日の一色海岸はとてもきれいだった。好天だったこともあるかもしれないけど、逗子海岸と比べてもこっちのほうが断然よい。アクセスの関係で隣りの市の海に浮気(笑)してましたが、もっと地元の海に通わなきゃ!と改めて思った。大会後もごはん食べつつ、シーズンが終わって人出が減って快適な海水浴を楽しんで帰りました。日焼け止め対策を完全に忘れたため、9月下旬にして相当日焼けしてしまいましたが...


2011HAYAMAN_tra-6.jpg

--------------------------------------------------------------------

Result: 0:14:59   

3th/33"HAYAMEN" (一般男子under40の部)

--------------------------------------------------------------------

 


2011年8月 7日

2011 沼津トライアスロン駅伝

-------------------------------------------------------------------

大会データ
第24回沼津千本浜トライアスロン大会
第7回チームケンズカップトライアスロン駅伝大会

@静岡県沼津市 千本浜公園周辺
Swim: 0.5km Bike: 20km Run: 5km

-------------------------------------------------------------------

昨年はお家の事情などあり参加しなかったので2年ぶりか...と現地入りした前日まで思っていたのだが、現地にて関係者の話を総合すると3年ぶりであった。そういえば2年前はゆうとが生まれたばっかりだったから、そうだったかも。ということで、(ほかにトラの大会にはここ数年でていないので)3年ぶりのトライアスロンのレース。

今回はスケジュールの関係で家族は同行せず、ふと思い立って電車でいくことを選択。逗子から沼津までは2時間ほどで乗り換えの手間もそれほどなく、片道1300円くらいで行けてしまう。輪行袋をつかって電車に乗るのは大学生のとき以来で、ちょっと大変だけど久しぶりでなんか楽しい。渋滞の心配もなく運転もしないからうたたねもし放題(笑)。というわけで参加メンバーのなかでは沼津へ一番乗り。選手受付を済ませ、宿に荷物を預け、夕刻の荒波の中で試泳まですませ、みんながそろうのを待ってから恒例の沼津港界隈での夕食。

さて今回のレース、3走(最終区)を担当したが、大学のころから数多く出場しているにもかかわらず、3走になるのはこれがはじめて。3区はスタートまでのコンディション維持が結構大事だと思っている。なにしろ会場は防風林の中にあるランコース以外、日陰がほとんどない。気をつけないと脱水やら熱中症やらになる恐れもある。1区のスタートを見届けてからいったん宿に戻り、2区の仲間と再び現場へ。

今回、ウエットスーツも「ようやく」14年ぶりに新調した。袖がないロングジョンタイプからフルスーツへ。先代を買った時は古スーツはたしか4万〜5万する代物でとても手が届かないものだったのだけど、今ではWiggleで2万くらいで手に入ってしまう。しかし予想はしていたのだが、フルスーツは腕に負担がかかる。レース前に試しに家族の海水浴で装着してみたところ、たちどころに両腕がパンパンに張り(まぁ練習不足というのもあるのだが)、これはまずい、ということでプールに行く回数を増やして腕を少しでも慣らそうとした次第(まぁそれでも大した対策ではないのだがw)。

リレーゾーンは波打ち際にあるため、防波堤を越えて千本浜へ降りるのだが、ここは砂利浜。大粒の砂利で埋め尽くされた海岸は、裸足では痛い(健康サンダルとか、温泉とかにある足つぼエリアに木の枝とかがばら撒かれている状態を想像すればわかりやすい?)上に、真夏の日差しに焼かれ、移動するのはきわめて困難である。四苦八苦して波打ち際の濡れた砂利エリアまでたどり着き、リレーゾーンへ向かう。サンダルを履いて降り立ち、リレーゾーン付近に置いておいても大丈夫だったのでは、と着いてから思うもあとの祭り。

前日、同じ丸天にて前夜祭(?)を開催していた松山アヤトさんも、今回同じ3区の担当らしい。チームとしてはうちが先行しているようなので、ここで本日の目標は「単体でアヤトさんから逃げ切る」と勝手に設定することにした。なにしろ相手は元ワールドカップ日本代表なので、足元にも及ばないのは百も承知であるのだが。

スイムパートは速くはなかったが、心構えがあったからか、若干でも意識して練習したのがよかったのか、大きなトラブルもなく終えた。ただ、上陸して小走りで進みながらウエットスーツを脱ぎにかかるも、フルスーツはやっぱりロングジョンよりも苦労する。特に両腕。手間取っている間に左腕の腕時計の金具が右手の親指の爪の間に刺さって出血し、口で吸い取りながら止血してトランジットエリアへ。トランジットも久しぶりだからかふらふら状態で、バイクスタート時に戻ってくる選手と危うく正面衝突するところだった。

バイクコースは1区の情報によると帰りが若干向かい風であると聞いていて、じゃぁ行きはノリノリで行けるかと思いきや、ペースがあまりあがらない。感覚としてはもしかしたら行きが向かい風なのかも...いやいや、このペースの上がらなさ加減は風とは別の理由であって帰りはやっぱり向かい風...だったら嫌だなぁ...と思いつつ、まめに水分補給しながら31,2km/h.を100rpmぐらいで維持させつつ、折り返しまで踏ん張る。幸い、やっぱり事前情報どおり、帰りはペースがあがり、36,7km/h、110rpmくらいで巡航することができ、比較的楽に進むことができた。

ランコースは前回出場したときと変わり、防風林の中の往復コースを短縮して2周回になっていた。たぶんこのほうが気分的にも楽だし、サポートの人件費も減るだろうし。例年通りエイドの水がとっても冷たくて、これは本当にありがたい。

 2011numazu.jpg

振り返ってみるとランパートが過去出場ベストを2分以上も短縮していた。これはびっくり。でもコースが変わって実は距離が短くなっていたのでわ...という疑いも捨てきれず。

 

-------------------------------------------------------------------

Result: 1:12:52   29th/120 (3区)
Swim: 0:10:07 Bike: 0:39:43 Run: 0:23:02

-------------------------------------------------------------------

 


 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiron_daysカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMy Homeです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。